そもそも家族葬とはどのようなもの?

家族葬で考えられるトラブル

費用を安く抑えられる、自分たちならではのお葬式があげられる、ということで家族葬を選択する家族も増えています。家族の中では大丈夫だと思っていても、後々トラブルになる可能性もあることは頭の中に入れておきましょう。

家族葬の場合、参列する人を限定してお葬式を執り行います。そこで生前少しお付き合いのあった人、遠縁の方は参列から外す可能性が高いです。このような理由で呼ばれなかった人から、なぜ呼ばれなかったのか、最期のお別れをしたかった、などクレームが後々入る可能性もあります。また親族の中には、近所や会社でお世話になった人を呼ぶべきだ、と反対される可能性も予測できます。

家族葬だから参列は控えてほしい、とあらかじめ周囲に通知をすることが一般的です。通知をしないと呼んでいない方が参列してしまうことがあるためです。ところが、当日になって呼んでいない方が来てしまうということはあり得ます。どうしてもお別れをさせてほしい、という気持ちからでしょう。

家族葬は近年注目を集めていて、メディアでもしばしば取り上げられます。しかし、世間一般で広く共有されているものかというと、そうとは言えないのが今の現状です。家族葬を受け入れられないという人もいるかもしれないので、その対応は重要となります。