そもそも家族葬とはどのようなもの?

家族葬のメリットはどこにある?

家族を中心として小規模で執り行う家族葬が注目を集めています。家族葬を選択する家庭も増えていますが、なぜ多数の人が希望するのか、そのメリットをいくつか紹介させていただきます。

家族葬の一般的なメリットとして、費用を安く節約できるということがあります。大がかりな式を執り行う必要がないためです。しかし費用だけでなく、準備の手間暇が少なくなるので、遺族の負担を軽減できるメリットも見逃せない部分です。一般的なお葬式を執り行うとなると通夜ぶるまいを準備する必要がありますし、香典返しも用意する必要があります。また、日程を考慮する必要もあります。しかし人数が少なければ、いろいろと考える必要もなくなります。大切な家族を失っただけでも精神的な負担が大きいので、それらを軽減できるのは大きなメリットといえます。

準備であれこれ作業する必要がなくなると、亡くなった家族のことを考える時間もおのずとできます。最期の時間を無駄にせず、故人とのお別れの準備ができるのも遺族にとって大きいでしょう。

このように家族葬を執り行うことによって、余計な手続きに忙殺されずに済むというのは大きなメリットといえます。もし最後のひと時を充実したものにしたいと思っているのであれば、小規模のお葬式も選択肢に入れてみるのも良いでしょう。