そもそも家族葬とはどのようなもの?

自由にできる家族葬

お葬式といえば、お坊さんを呼んで読経をあげてというイメージを持っている人も少なくありません。家族葬の場合、このような固定観念にとらわれずに執り行えるところも人気を集めている理由の一つといわれています。

ある程度多くの人を呼んで、一般的なお葬式を執り行うことになると、高齢の方から若い方、男性、女性いろいろな方が集まってきます。そうなると従来のお葬式スタイルでないと、戸惑いを感じたり、不満に思ったりする人も出てくる可能性があります。しかし家族葬のような家族や親しい人だけに限定して執り行う場合、気の置けない環境のため、あまり世間体などを気にする心配は少なくなります。

別にあまり広くお葬式に参列するように呼び掛ける必要がない、こんな形で家族を送ってあげたい、個人からお葬式に関する要望が生前あった、このような場合には家族葬を選択してもいいでしょう。過去実際に行われた家族葬の中には、自分の趣味を反映したものにしたというケースもみられます。

「こんなお葬式をしたい、でも常識的ではないな」このようなジレンマを感じている人もいるのではないでしょうか。しかし気の知れた人だけで執り行う家族葬であれば、自分が希望した通りの形式で最後のお見送りをお願いできるでしょう。